レンタルオフィスで快適業務|初期費用カットでスムーズ事業

スーツ

社員のためのもの

ビル

全国各地に事業所を持つ企業にとって、気になるのが社員の住居です。地域によって家賃も異なります。東京近郊は、他の地域に比べて家賃は高いものとなります。転勤の多い社員はなかなかマイホームは買いにくいものです。そんな社員のために企業は、社宅を保有しています。東京は、本社機能を持つ企業が多くあるため、様々な企業が東京に社宅を保有しています。東京にある社宅をうまく活用するために工夫することとは何でしょうか。それは、会社が直接社宅を管理するのか、また、外部に委託するのかで変わってきます。外部に委託する場合は、委託料など費用はかかりますが、社宅の修繕などは全て委託先が行ってくれるので企業の手間は省けます。このようにうまく外部の委託先を活用すると社宅管理は楽になります。

そんな東京にある社宅の今後の動向について説明します。社宅は、一昔前に比べて減っています。リーマンショクなどの不景気の影響もあり、福利厚生にお金をかけることができる企業が減ってしまったのです。その建物、土地を売って利益にしようという考えの企業も多くあります。そして、今後は、今ある社宅をどう運営していくのかがポイントとなります。新たに東京に社宅を作ろうという企業は、減っていくことでしょう。そして、その代わりに家賃補助という形で自分たちで賃貸物件を探して補助を出していく形が増えることでしょう。社員のためにするところを自由に選べ、そして、寂しいことですが、会社も管理も楽になるのでそういった形が増えることでしょう。